« ハードアスに水門、とか。(続き) | トップページ | 「逆行、やってます (金星)」 »

2015年7月31日 (金)

小惑星モモタロウ

昨日、テレビを見ていたらペプシのCM、桃太郎の新バージョンが流れていました。やっぱりクオリティー高いなあ。戦闘能力としてはどうなの?という疑問符が付くキジも、俳優さんのスタイリングが初期のロキシー・ミュージックや「ベルベット・ゴールドマイン」なグラムロック風だったりしてかっこいい。10代の頃なぜかマカロニウエスタンフリークだったので、ああいう仇討ちシチュエーション@荒野も非常に血が騒ぎます。

「それにしても、このペプシにしろ、AUの「三・太郎」にしろ、ドコモにしろ、ここにきてなんで桃太郎ラッシュ?」「こういうのって、絶対に民族的な根に響かないと起こらない現象だよね」・・・と思ったので、お遊びで日本始原図の桃太郎、小惑星番号10353 Momotaroをチェックしてみました。すると・・・

7月31日の今日現在、彼は射手座14度11分を逆行しています。この度数はいくつかの始原図のドラゴンテイルにコンジャンクションしていました。テイルに関わる天体は「馴染みのあるもの・習熟したもの・前世とのかかわり」、「疲れた時、素に戻った時に帰る所」みたいなことと関連があるといわれています。ヘッドが未来ならばテイルは過去、昔話ですね。現在の桃太郎も、新味はないけどほっとする話、安心して見てられるヒーローというイメージにすっぽりはまっている感じなのでしょう。

始原図の中の(つまり当時の)モモタロウに関しては、たとえば憲法衆院可決時のチャートでは蟹座の25度のちょっと手前、憲法公布時のチャートでは魚座22度にいます。水のサインのこのあたりの度数というのも、みんなの心に共有される民族のお話し=民話の主人公にふさわしい感じです。

射手座14度11分ということで、射手座15度のサビアンは「自分の影を見るグラウンドホッグ」。グラウンドホッグというのは地面に穴を掘って暮らすジリスのことだそうです。それが自分の影を手掛かりに、冬眠の穴から出ていくタイミングを計ろうとしている。自分を押し出すか引っ込めるか、状況を見て判断するという度数です。顔色を見るとか空気を読むとかいうことにも通じるのかも。リンダ・ヒルさんの「サビアンで読み解く運命辞典」では占いや予知に関連する度数、などと説明があった後に、「こんなことに気をつけて」という項があり、「責任を他の人になすりつけようとする人々(や社会)、内容が違うのに同じ解決策に頼る」なんてずいぶんまあ今の日本の状況にふさわしいようなふさわしくないようなキーワードがあげられています。「The Sabian Symbols & Astrological Analysis」の著書があるBlain Bovee さんは「振り返ること」にフォーカスしていました。

社会的な理念やモラル、学術、冒険、外国、そして法律などを司る射手座の真ん中あたりを逆行中のモモタロウ。いったい何を振り返り、何を躊躇し、どういう判断を下そうとしているんでしょうね。鬼に占拠される島、盗まれた宝、きび団子同盟、戦いと英雄、そして戦利品・・・民話の桃太郎は日本人の心の深いところ、無意識の水とつながっています。

|

« ハードアスに水門、とか。(続き) | トップページ | 「逆行、やってます (金星)」 »

占星術」カテゴリの記事