« ヴィーナスに新しい衣装を | トップページ | ここのところの星模様 »

2015年8月30日 (日)

ルノルマンもいいね

金曜は第三の眼で鑑定でした。前の晩、最近ちょっとはまっているルノルマンオラクルカードに「何か一言!」と一昔前の芸能レポーターみたいな質問というかリクエストをぶつけてみたところ、出たのが「リリーズ」。このカード、けっこう意味が絞り込みにくいんですね。花だけに喜びや愛情による結びつき、家族…あとちょっぴり性的な意味合いもあるカードなんですが。で、「んー。もっとヒントちょうだい」ともう一度引いてみるとまたもや「リリーズ」。「そっかーユリなのかー」とわからないまま眠りにつきました。

Lilies_4 で、答え合わせ。翌日お店に着いたら鑑定テーブルのお花がカサブランカだったのでした!もしかしたら「もーそんなこと聞くかなあ」「でもせっかくだからなんか答えてやるか」って思ったかもしれませんね。すいません。>ルノルマンどの。

ルノルマンは5年くらい前に「ミスティカル・ルノルマン」を購入していたのですが、絵柄は気に入ったものの、使うとなるとどうもピンと来なくてカードコレクションの箱に放り込んでいました。それが今月、ロバート・M・プレイスの「バーニング・サーペント・オラクル」を手に入れて、心境に変化が。これまで何種ものタロットを手掛けてきた彼が、タロット研究では名の知れたレイチェル・ポラックと組んで作ったこのルノルマンは、正統的ルノルマンじゃないかもしれませんが、錬金術や神話のシンボルが反映されていて、その方面が好きな私にとってはすごくインスピレーションを働かせやすかったんです。

それに最初にシャッフルしていたときジャンプして飛び出てきた「ご挨拶」カードが「ブーケ(贈り物、親切、愛情)」。「どんなお付き合いができそう?」と問いかけて引くと「ドッグ(忠誠、友人)」。その後もことあるごとに犬!犬!犬!しっぽ振りまくり!(笑)

ルノルマンについてはバリバリの初心者で右も左もほとんどわからない状態なので、これからいろいろ覚えていかなくちゃ!というところなのですが、これだけ好意全開されると情が湧かないわけがありませんよね。36枚(「バーニング・サーペント・オラクル」ではイシスとオシリスを含む38枚)を使うグランタブローはまだ数回しか展開していませんが、毎日1枚引き、3枚引きで遊んでいます。面白いことに、このルノルマンを使うようになってからは、仕舞い込んでいた「ミスティカル・ルノルマン」も手に取ることが多くなりました。

|

« ヴィーナスに新しい衣装を | トップページ | ここのところの星模様 »

タロット&ルノルマン」カテゴリの記事