« ルノルマンその後&愛用タロット | トップページ | ホロスコープ対応のボトル(オーラソーマ占星術) »

2015年10月19日 (月)

20日担当します&おかげさまで半年

直前のお知らせになってしまいますが、Nobuko先生の代理で20日(火)、担当することになりました。14時から20時過ぎくらいまでお店におりますので、よろしかったらお立ち寄りください。

***********************************************************************

さて。毎金曜日に第三の眼に座らせていただくようになって、おかげさまで6か月がたちました。ご来店いただきましたみなさま、本当にありがとうございます。2度3度と足を運んでくださった方々、そして大切なご友人をご紹介くださった方々…。心から感謝するとともに、ご信頼とご期待に応えていくためにも、もっともっと精進していかなくてはと思っています。

お寄せいただいたご感想・後日談も大変うれしく読ませていただいています。ただ、実のところ、私はただホロスコープの中にあるもの、星と星との間にたたまれている思いや願いを言葉するだけなので、もしそれが素敵に聞こえたり、癒されたりしたのなら、それは私が読んだのが単にすてきな人のすてきなチャートだったとか、ご自身の中に癒し手がいた、というだけのことなんだよなあ・・・と。むしろ「こんなに美しいものを見せてくださって、読ませてくださってありがとう」と思うことが少なからずあった半年でした。

まだまだ至らぬところはありますが、精一杯努めてまいりますので、これからもよろしくお願いいたします。

************************************************************************

思えば4月の半ば、空ではまだ天冥スクエア真っ盛りのタイミングでの入店でしたので、「まあ楽ではないだろな」と覚悟していましたし、飛び込みのお客様は無理だとしてもご予約いただいた方のチャートは事前にびっちりチェックするようにしよう、それこそ最初のうちはできることは全部試してやろう!というくらいの気持ちで始めました。ただ、実際に始めてみるとこれとはまた違う方向でも『楽じゃない』感じに。デビュー時のホロスコープでは火星のサビアンが「重い荷物を持つポーター」なのですが、PC、分厚い天文暦、タロットデッキやペンデュラムキットといったお道具一式、さらには鑑定の合間に飲むお茶の水筒、移動の際に読む本などなど、文字通りヘヴィな荷物を背負ってお店に通っていると、「やだもう。ほんとサビアンのまんま~」と笑えてきます。

知的作業も肉体労働も、もうちょっと楽なやり方もなくはないんでしょうが、このチャートの火星は太陽や月が入っている9ハウス(「占星術」を表すハウス)の支配星で、「基盤」を意味する4ハウスの副支配星でもあるので、ここをおろそかにするとダメダメになっちゃうのは明白。ゆえにとりあえずは確実に、使い込む方向・しょい込む方向で進めてきました。それでも半年やってみて効率が悪いところや逆にもうちょっと力を入れたほうがいいところなどが段々と見えてきたので、鑑定の進め方やメニューにも少しずつ手を入れていこうと思っています。

|

« ルノルマンその後&愛用タロット | トップページ | ホロスコープ対応のボトル(オーラソーマ占星術) »

占星術」カテゴリの記事