« ホロスコープ対応のボトル(オーラソーマ占星術) | トップページ | そして海王星は魚座を進む »

2015年11月 6日 (金)

思念はチカラ

10_of_wands_5先日ここで、第三の眼デビューの時の火星のサビアン「重い荷物を運ぶポーター」のことを書きました。「責任や重圧」を感じるんだろうな、という予測が「モノの重さ」ってところでも出たのが面白かった、というだけで決して愚痴ったわけじゃないんですが、それでも後になって「そもそも好きでやってる仕事の道具が重いとか、何を甘えてんだって話でござますですわよ」と反省することしきり。一時は「あの部分、いっそサクッと・・・」なんて考えもチラついたのですが、「いやいや、むしろ自戒ネタとして残しときましょ」とそのままにしていました。

が。この間の金曜、またあれこれ魔法道具を背負って代々木に向かったのですが・・・あれ???なんだか今までよりも軽く感じる・・・。えー、これ本当? な んで? 誰か魔法を使いました?

どなたか存じ上げませんが本当にありがとうございます。
もう大丈夫です。(というかなんか甘ったれですみません。)
みなさまにもちょこちょこ良いことがありますように!

***************************************************************************

でも冗談じゃなくて、この時代、ネットに文章や想念を上げるのってすぐ実世界に影響するんですよね。それもかなり迅速に結果が出るので、「これはもう一種の変換・ 転送装置といえるよなー」と思っているくらいです。

異常なスピードゆえ、害をなす時も本当に早くて変化は不可逆的。このあたりはネットを象意にもつ天王星の性質そのものです。というか、そもそもいいとか悪いとかい う価値観じゃない感じもしますね。自分自身がそのまま世界、みたいなインスタント(=瞬時)な感じが21世紀なんだなあ。昔も天に唾吐く者は・・・みたいに言ったもの ですが、いまは前を歩く人に向けた侮蔑が地球を一回転して自分の後頭部を直撃、みたいな例がゴロゴロしてますよね。モノと重なるホログラムの像が単独で機能 し始め、それが物質世界に干渉する感じ。昨今の技術の進歩を見ても、色々な層を隔てる壁がいよいよ薄くなってきているのを痛感します。

たとえば世代的な「時間」ということを考えると、占星術的にも、親の星が子供や孫のホロスコープに持ち越されたりする例は多く、うっかり個人戦だと思ってたらなんかタスキ掛けて駅伝走ってて、どんなにがんば っても「残念!区間新を出したけどリードの大きいチームを抜けませんでした」なんてことも少なくないんですが、これだけ壁が薄くなり、スピードも速くなってくると、そういう縛りもどんどん解 除されてくるのかななんて風にも考えています。もしかすると、数年前散々言われてた「アセンション」って、こういうことなのかしらね。

ふとつぶやいたものにすぐさまユニバースからの反応がある。どこかの誰かに向けた思念は、善意であれ、悪意であれいずれ自分に返ってくる。これってもう、足し算引き算なみの真実になっているのかもしれません。

こういう時代なので、意外に「陰徳を積む」なんてこともおススメだったりしますよ。宇宙さんはけっこう気まぐれだし大雑把なところもありますが、たとえ自分で回収できなかったとしても、ご先祖様とか子孫とか、場合によってはパラ レルワールドの自分に「わ、助かったー!」な出来事が起こるかもです。

|

« ホロスコープ対応のボトル(オーラソーマ占星術) | トップページ | そして海王星は魚座を進む »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事