« 2015年12月 | トップページ

2016年1月

2016年1月18日 (月)

金曜の鑑定はしばらくお休みをいただきます

急な話で申し訳ありません。

じつは先週、出勤の際に足を怪我してしまいました。そのためしばらくの間、毎金曜の第三の眼代々木店での鑑定はお休みをいただき、他の先生方に代わっていただくことになりました。

すでにお申込みをいただいていたみなさまには、のちほどメールで対応させていただきます。大変ご迷惑をおかけして心苦しい限りですが、どうかご了承ください。再開の時期につきましては、また日を追ってこちらでお知らせさせていただきます。

今週の金曜、1月22日はNobuko 先生が担当してくださいます。Nobuko先生はタロットやクリスタルを用いたリーディング、霊視やヒーリングと大変多彩なメニューをお持ちです。鉱物界や植物界のエネルギーは天体エネルギーとは違う層、より体や心に寄り添うところに働きかけるので、きっと思いがけない側面からアドバイスをしていただけますよ! 

-------------------------------------------------------

さて。怪我の経緯を少しばかりお話しますと・・・

先週、第三の眼に向かう途中のこと。なんでもない緩い上り坂で足をひねってしまいました。安静にしていればさほど痛まなかったため、その日は消炎スプレーで冷やしつつ鑑定を終え、何とか帰宅したのですが、翌日になると歩けないくらい痛みが悪化。「これはやっちゃってるかも・・・」と形成外科を受診すると、案の定、左足くるぶしの骨折で全治一か月&要リハビリという診断が下り、すぐさま膝から下をギプスで固定、松葉杖を両脇に抱える「ザ・怪我人」的な姿に相成った次第です。

元々私の出生図はチラ見でも「アクシデントに見舞われやすいですね」と言えちゃうようなチャートなのですが、柔軟宮の後ろの方に火星/土星=リリスという少々爆弾チックなミッドポイント式があって、今回は魚座のボイド・オブ・コースの月がそこを刺激したのも主要な引き金のひとつになった模様です。

土星を「骨」、火星を「怪我」、そこに魚座の月「足首から先(魚座が司る部位)」と読めばすっきり腑に落ちるハプニングで、ここまで「まんま」だと事前にどうにか対策を講じられなかったかという気もしないではないんですが、でもそれはやっぱり結果論なんですよね。1年365日「怪我をするんじゃないか。何かひどい目に遭うんじゃないか」なんて気持ちで自分の三重円を監視するなんていくらなんでも病みすぎだし、仮に危なげな表示を見いだしたとしても「今日は危ないから仕事行くのやめ~」なんてわけにもいきませんから。

ただ本当のことを言えば、その日まったく対策を講じていなかったわけでもなくて。朝方にちょっと気になる夢を見たのと、テレビをつけた時にバス転落事故のニュースをやっていたので「あ、今日は行き帰り注意しよう」とスニーカーを履き、人混みや階段を避けて歩いていたんですが・・・まさか何もない路上で、とは。

まあ起こってしまったことは仕方ない。そもそも、実生活が万事うまくいくように占いで取り計るのは無理というもの。ならばむしろ、大きな力が降りてくるときにはそれなりの衝撃があるものと割り切って、『後々ダメージを残さない上手い折れ方』『塞翁が馬につながるつまづき方』、そして『事態の正しい収拾の仕方』を考えたほうが前向きかもしれません。

そういえば、以前アロマテラピーを教えてくださったM先生が、「足をくじくと子供できたりするようになるよ」とおっしゃっていたことがあります。たしかツボ絡みの話だったような記憶があるのですが、そのとき「もしかすると足をくじくことで世界における役割や立ち位置・着地点の調整が起こるのかもしれないな」と思ったのを覚えています。

今年から来年にかけて、冥王星が私のアンチバーテクスの上を行き来します。これは「社会とかかわるやり方」に大きな変化が起こる表示。周囲に迷惑やご心配をかけていることは本当に心苦しい限りですが、今回「リリスに砕かれた骨」を変化の先触れととらえ、これから多方面から流れ込んでくるであろう情報に柔軟に対応して考えを深めるきっかけにしていけたらと思っています。

|

2016年1月 9日 (土)

2016年もよろしくお願いいたします

年末年始モードを脱すれば、またいつも通りの平常運転…と思いきや。今年はちょっとザワザワしてますね。根本的な変化の必要を突き付けてくる天王星冥王星のスクエア、足場の曖昧さや夢と現実のギャップを指摘する土星海王星のスクエア、さらには水星逆行といった天体の緊張や方向転換の影響が、あちこちで様々な波紋を引き起こしているようです。

年明け早々、サウジアラビア、そしてバーレーンがイランと国交断絶というニュースが飛び込んできました。その数日後には北朝鮮の水爆(?)実験とそれに続く世界同時株安・・・そろそろ安定を希求する流れになってくるだろうとは思いますが、どのあたりに落としどころを設定するか、誰がやるのかというのがまた難しいところですね。自分は水星逆行プレシャドウの時期に大々的に発表された新国立競技場の建設費用と、従軍慰安婦問題に関する日韓の合意がまたグダグダになりはしないかと心配しています。

芸能界でも大きなスキャンダルが露見しましたが、当事者となったお二人も土星海王星スクエアをまともに食らってしまった感があります。互いの太陽が互いのノード軸にがっつりと絡む相性でコンジャンクションも多数ですから、いい状態で長続きする関係かどうかはともかく、引きが強烈だったのは間違いないところ。今回の場合はそこに土星海王星のトランジットがぴったり乗ったものだから、「(当人たちが)常識や倫理・現実感覚から乖離し」「結果、強制的に夢から覚めさせられる」のと同時に、好感度の高いタレントの「人々が抱いていたイメージ(海王星=虚像)と等身大の姿(土星=実像)のギャップ」を知らしめるオオゴトになってしまいました。

・・・とまあ、世間話はさておき。

なんでも申年というのは何かと波乱含みの展開になりがちな年なんだそうです。ならば一気の飛躍を狙って勝負に出るか。いやいや、ここはじっと耐え忍んで力を蓄えるべきか。たとえ向かい風吹きすさぶ中でも直観が「今だ!」と言うならばその時に動くのが正解だと思います。

でも「そこまで直観に自信が・・・」とか「やっぱり追い風が助かります」ということだったら、時には身をかわしたり、場合によってはダメージを負わない程度に折れたりもして逆風の時期をやり過ごしつつ、意欲や行動を星が後押し・サポートしてくれる時期を選んで動くようにしたほうがうまくいきそうです。押したり引いたり。That's 柔軟宮way!ですね。

もちろん「選択の余地なんてありません!」という場面も人生にはあって、重要な選択の際に不平等やデメリットを呑み込まねば前に進むことができないこともままあります。そんなときは自分なりにモヤモヤに整理をつけて気持ちを立て直す必要もありますね。

天王星と冥王星のスクエア、土星と海王星のスクエア、水星の逆行・・・現在天空で起こっている天体配置と天体の動き方は、「夢とうつつを分けること」「ごまかしを排除し、できることとできないことを心得ること」「今までとは違う考え方をしてみること」「その認識をもとに行動を起こし、夢を現実に移植すること」のように、よりよいリアルのために使うのが一番ポジティブな利用法なんだよ、とも言っているように思えます。

引き続き、活動宮の半ばくらいの度数域や柔軟宮の10度前後にアングルや目立つ天体をお持ちの方はもう変化への対応を強いられつつあるかも知れません。またそのあたりに天体がなくても、主要天体やアングルのミッドポイントにトランジットの天体が触れて大きな動きを生むこともあり、その影響と程度、対処の仕方は一人一人異なります。

何を選び取るか。この道を選んでしまって大丈夫なのだろうか・・・もちろん、決めるのは自分自身ですが、曖昧な状況の中でもう少し情報が欲しいというとき、大まかな流れやタイミングの切り替わりを予測できる占星術はガイドの一つになりえます。星の代読屋が必要なときはお気軽にお立ち寄りください。

|

« 2015年12月 | トップページ