カテゴリー「タロット&ルノルマン」の記事

2015年9月29日 (火)

ルノルマンその後&愛用タロット

気が付けば秋分も過ぎ、今夜は地球に最も近い満月、スーパームーンですね。昼前には牡羊座で皆既月蝕で、私は蝕の太陽や月は(やはりあまりよい兆しとは思えないので)極力見ないようにしているのですが、日本では地平線から上ってきた時点で蝕のあと。なので安心してきれいな月を楽しめました。

さて。先月書いたルノルマン・オラクルカードですが、その後、インディーのカードやゲームを扱うThe Game Crafter で2セット購入してぼちぼち遊んでいます。ただしょっぱな、お近づきのご挨拶で一枚引きしたら、イマイチ反応が・・・。「どんなお付き合いできそう?」という問いに対して答えが「棺」って、やっぱり「箱にしまっておく」ですよね。そっか、観賞用かあ。まあ、今使ってるセットが合っているっていうことだろうし、美しさで選んだのも事実だからそれはそれでいいのですが。

ちなみにLes Vieux Jours Lenormand Cards とThe Lenormand Revolution です。とくにThe Lenormand Revolution がお気に入り。興味のある方は、画像検索してみてくださいませ。

書籍も鏡リュウジ先生の「秘密のルノルマン・オラクル」とSylvie Steinbach さんの「The Secrets of the Lenormand Oracle」を入手しましたが、やっぱりいろんなアプローチがあるんですね。とりあえず後者が比較的平易な英語で読みやすかったので、後半のリーディングの章を読了。彼女はサイキックということで「サイキック能力を伸ばすには」なんてことも書いてあるんですが、それはそれで面白く、カードの読み方も自由で私には合う感じ。「どんなカードをコンパニオンとするか」っていうところと「どういう(誰の)やり方を採用するか」って、めちゃくちゃ重要なことですからね。

Photo_3というのも私、70年代に辛島宜夫先生の「タロット占いの秘密」でタロットに触れたはいいのですが、その後なにをどうトチ狂ったのか「ど・魔術」なオズワルド・ウェルトに走ってしまい・・・たしかに美麗極まりない素晴らしいデッキなんですが、超初心者@ローティーンにはやはりマルセイユ系はハードルが高すぎ、とくに数札に難儀してその後タロットで占うこと自体から距離を置いてしまったのですね。

が、そこから約20年を経た90年代、某石師さんからライダー系タロットの手ほどきを受け、ボイジャータロットやライダー・ウエイトを使うように。その後はLeilah Wendell さんの「Gothic Tarot」や、アルバノ・ウエイトを使っていましたが、ここ数年はKat Blackさんの「Golden Tarot」を愛用しています。

「Golden Tarot」はデジタルコラージュによるデッキで、モチーフがヨーロッパの名画や宗教画などからとられているからなのか、抽象的な、概念のような奥行きが感じられます。「ハートが開く」、とでもいえばいいのでしょうか。不思議とスッと入っていくことができるのですよね。基本的にその時浮かんだ問いについてフリーフォームで引いていくやり方をしているのですが、うまく同調できると本当に状況を切り取ったような札が出たり、ハッとするくらい深い解釈が口をついて出るので「わあ、やっぱりタロットってすごい!」とドキドキしてしまいます。

象徴が象徴として成り立つためには、その背後に集合的無意識の分厚いレイヤーが必要となるかと思うのですが、一筆一筆に祈りや芸術への献身がこめられ、多くの人々の心のうちに共有されている絵画にはやっぱりそういうものがあるんでしょうね。この底無しの想念の海からもっともっとたくさんのイメージを引き出していけるといいなと思っています。

|

2015年8月30日 (日)

ルノルマンもいいね

金曜は第三の眼で鑑定でした。前の晩、最近ちょっとはまっているルノルマンオラクルカードに「何か一言!」と一昔前の芸能レポーターみたいな質問というかリクエストをぶつけてみたところ、出たのが「リリーズ」。このカード、けっこう意味が絞り込みにくいんですね。花だけに喜びや愛情による結びつき、家族…あとちょっぴり性的な意味合いもあるカードなんですが。で、「んー。もっとヒントちょうだい」ともう一度引いてみるとまたもや「リリーズ」。「そっかーユリなのかー」とわからないまま眠りにつきました。

Lilies_4 で、答え合わせ。翌日お店に着いたら鑑定テーブルのお花がカサブランカだったのでした!もしかしたら「もーそんなこと聞くかなあ」「でもせっかくだからなんか答えてやるか」って思ったかもしれませんね。すいません。>ルノルマンどの。

ルノルマンは5年くらい前に「ミスティカル・ルノルマン」を購入していたのですが、絵柄は気に入ったものの、使うとなるとどうもピンと来なくてカードコレクションの箱に放り込んでいました。それが今月、ロバート・M・プレイスの「バーニング・サーペント・オラクル」を手に入れて、心境に変化が。これまで何種ものタロットを手掛けてきた彼が、タロット研究では名の知れたレイチェル・ポラックと組んで作ったこのルノルマンは、正統的ルノルマンじゃないかもしれませんが、錬金術や神話のシンボルが反映されていて、その方面が好きな私にとってはすごくインスピレーションを働かせやすかったんです。

それに最初にシャッフルしていたときジャンプして飛び出てきた「ご挨拶」カードが「ブーケ(贈り物、親切、愛情)」。「どんなお付き合いができそう?」と問いかけて引くと「ドッグ(忠誠、友人)」。その後もことあるごとに犬!犬!犬!しっぽ振りまくり!(笑)

ルノルマンについてはバリバリの初心者で右も左もほとんどわからない状態なので、これからいろいろ覚えていかなくちゃ!というところなのですが、これだけ好意全開されると情が湧かないわけがありませんよね。36枚(「バーニング・サーペント・オラクル」ではイシスとオシリスを含む38枚)を使うグランタブローはまだ数回しか展開していませんが、毎日1枚引き、3枚引きで遊んでいます。面白いことに、このルノルマンを使うようになってからは、仕舞い込んでいた「ミスティカル・ルノルマン」も手に取ることが多くなりました。

|