カテゴリー「おしらせ」の記事

2016年1月18日 (月)

金曜の鑑定はしばらくお休みをいただきます

急な話で申し訳ありません。

じつは先週、出勤の際に足を怪我してしまいました。そのためしばらくの間、毎金曜の第三の眼代々木店での鑑定はお休みをいただき、他の先生方に代わっていただくことになりました。

すでにお申込みをいただいていたみなさまには、のちほどメールで対応させていただきます。大変ご迷惑をおかけして心苦しい限りですが、どうかご了承ください。再開の時期につきましては、また日を追ってこちらでお知らせさせていただきます。

今週の金曜、1月22日はNobuko 先生が担当してくださいます。Nobuko先生はタロットやクリスタルを用いたリーディング、霊視やヒーリングと大変多彩なメニューをお持ちです。鉱物界や植物界のエネルギーは天体エネルギーとは違う層、より体や心に寄り添うところに働きかけるので、きっと思いがけない側面からアドバイスをしていただけますよ! 

-------------------------------------------------------

さて。怪我の経緯を少しばかりお話しますと・・・

先週、第三の眼に向かう途中のこと。なんでもない緩い上り坂で足をひねってしまいました。安静にしていればさほど痛まなかったため、その日は消炎スプレーで冷やしつつ鑑定を終え、何とか帰宅したのですが、翌日になると歩けないくらい痛みが悪化。「これはやっちゃってるかも・・・」と形成外科を受診すると、案の定、左足くるぶしの骨折で全治一か月&要リハビリという診断が下り、すぐさま膝から下をギプスで固定、松葉杖を両脇に抱える「ザ・怪我人」的な姿に相成った次第です。

元々私の出生図はチラ見でも「アクシデントに見舞われやすいですね」と言えちゃうようなチャートなのですが、柔軟宮の後ろの方に火星/土星=リリスという少々爆弾チックなミッドポイント式があって、今回は魚座のボイド・オブ・コースの月がそこを刺激したのも主要な引き金のひとつになった模様です。

土星を「骨」、火星を「怪我」、そこに魚座の月「足首から先(魚座が司る部位)」と読めばすっきり腑に落ちるハプニングで、ここまで「まんま」だと事前にどうにか対策を講じられなかったかという気もしないではないんですが、でもそれはやっぱり結果論なんですよね。1年365日「怪我をするんじゃないか。何かひどい目に遭うんじゃないか」なんて気持ちで自分の三重円を監視するなんていくらなんでも病みすぎだし、仮に危なげな表示を見いだしたとしても「今日は危ないから仕事行くのやめ~」なんてわけにもいきませんから。

ただ本当のことを言えば、その日まったく対策を講じていなかったわけでもなくて。朝方にちょっと気になる夢を見たのと、テレビをつけた時にバス転落事故のニュースをやっていたので「あ、今日は行き帰り注意しよう」とスニーカーを履き、人混みや階段を避けて歩いていたんですが・・・まさか何もない路上で、とは。

まあ起こってしまったことは仕方ない。そもそも、実生活が万事うまくいくように占いで取り計るのは無理というもの。ならばむしろ、大きな力が降りてくるときにはそれなりの衝撃があるものと割り切って、『後々ダメージを残さない上手い折れ方』『塞翁が馬につながるつまづき方』、そして『事態の正しい収拾の仕方』を考えたほうが前向きかもしれません。

そういえば、以前アロマテラピーを教えてくださったM先生が、「足をくじくと子供できたりするようになるよ」とおっしゃっていたことがあります。たしかツボ絡みの話だったような記憶があるのですが、そのとき「もしかすると足をくじくことで世界における役割や立ち位置・着地点の調整が起こるのかもしれないな」と思ったのを覚えています。

今年から来年にかけて、冥王星が私のアンチバーテクスの上を行き来します。これは「社会とかかわるやり方」に大きな変化が起こる表示。周囲に迷惑やご心配をかけていることは本当に心苦しい限りですが、今回「リリスに砕かれた骨」を変化の先触れととらえ、これから多方面から流れ込んでくるであろう情報に柔軟に対応して考えを深めるきっかけにしていけたらと思っています。

|